うちわの歴史

今では販促品としてもよく見られるうちわですが、うちわには歴史があります。

うちわの起源は紀元前3世紀だと言われています。

中国の周時代にはすでに存在していたのだそうです。

日本でうちわが登場したのは、もう少し後で3世紀頃と考えられています。

基本的には涼をとるために使われているうちわですが、いろいろな場面で使われていました。

古くは涼をとるよりも日差しを遮るものとして使ったり、女性の顔を隠すために使われていました。

奈良、平安時代は天皇の顔を隠すものに進化しました。

その他には天皇の食事を冷ましたり、火起こしに使われていました。

戦国時代は戦争の指揮用として使われました。

相撲の軍配はその名残だと言われています。

江戸時代になると美人画のうちわが出回るようになりました。

厄払いや神事の道具としても使われていたようです。

昔から涼をとるためだけに使われていたものではないのですね。

ハエや蚊などの虫を追い払うためにも使われていたと言われています。

これは今でもそのように使うことがありますね。

最近では会社やお店の広告を入れてチラシ代わりに配ったり、スポーツでは応援うちわとしてみんなで使ったり、アイドル歌手のコンサートで使ったりするようになってきました。

いろんな使い道があるうちわは、今でも子どもから大人まで幅広い年代に使われるものとなっています。

うちわはここ最近にできたものではなく、歴史があるものだったのがわかります。

歴史あるうちわを、今の生活にもどんどん取り入れていきたいものです。

オリジナル販促うちわ印刷の専門店はこちらがおすすめ⇒うちわ印刷のことなら販売実績100万本突破のうちわ株式会社!

楽しいうちわがたくさん見られますよ。

Comments are closed.